ソファにアームは必要?メリットとデメリットを徹底解説します

ソファのアームは肘掛け、あるのとないのではあった方が良いと考える人は多いのではないでしょうか。

ソファのアームの有無は、デザイン性だけでなくソファそのものの使い勝手の決め手のになる部分なので悩む人も多いといえましょう。

家族で生活しているときなど、家に誰もいないときやソファを利用しているのが自分一人のときは、アームを背にして横向きに座ることができるメリットがあり、よりくつろげるメリットへと導いてくれます。

背もたれの上部分が広くなっているタイプならば、サイドテーブルなどの利用もできるので、より活用法が広がる魅力もあるわけです。

肘掛の有無は、機能性はもちろん全体的な印象にも川変わる部分、アームの形状次第で個性を持たせることができる、天然木タイプなら木の温もりをインテリアの中に取り入れることができるメリットもあります。

ソファに座って立ち上がるときなど、若い人は脚量が強いのでそのまま立ち上げることができるけれども、年齢とともに足腰が弱くなり立ち上がるときに少々苦労する、このようなときに肘掛となるアームがあるとそれを立ち上がる際のサポート役にすることも可能です。

ちなみに、アームが木部になっている場合はクッションを挟んで調節すれば快適です。

関連記事

  1. 座り心地は座面で変わる?快適なソファの選び方をお教えします

  2. 高級感あふれる本革ソファの魅力を詳しく解説します!

  3. 座り心地を重視したハイバックソファのおすすめ3選をご紹介!

  4. 収納付きソファ|リビングにおすすめな理由をお教えします

  5. くつろぎ空間に欠かせないカウチソファのおすすめ3選!

  6. 一人暮らしにおすすめのコンパクトなソファBEST3

  7. 機能性に優れたリクライニングソファの選び方をご紹介します

  8. 〈ソファカバー〉正しい選び方とおすすめTOP3をご紹介します!

人気記事

PAGE TOP